今度はアメブロで!


by okatake3
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

アジア一の感動を再び!

昨日お伝えした通り、日曜日にアジアシリーズ決勝、SKワイバーンズ(韓国)vs中日ドラゴンズ(日本)の試合を観戦しに東京ドームに行って来ました。
昨日ほぼ完成に近付きながら消えてしまった内容を1部思い出しながら書きたいと思います(笑)。

開場前、13時半頃に東京ドームに到着。
25番ゲート前には既に長蛇の列が・・・。
そんなんなら予選から来いよ
シート貼りOKでしたので、新聞貼って時間潰しに。

とりあえず、昼食がまだでしたので、水道橋で有名なラーメン屋「麺一筋」へGO!
昔は東口店に行く事が多く、いつも行列が出来ていましたが、西口店は比較的空いている模様。
注文は定番の魂のラーメン。
相変わらずトロトロのチャーシューと半熟煮玉子が美味い!
麺とスープは昔の方が美味かった気がしますが、美味しくいただけました。
たまには野球の話から脱線しても良いでしょう(笑)。

戻って来て、グッズショップ等で適当に時間を潰して開門待ち。
しかし、グッズショップの品揃えの悪さといったら・・・。
某セ・リーグ優勝チームのものはかなりあったのですが、ドラゴンズのグッズは・・・。
つーか、誰も○売グッズは買わんやろ!
あとは今回参加するチームのグッズを少しぐらい売って欲しかった。

そして、いざ開門!
前の方の席は埋まり気味でしたが、中段ぐらいの席を何とか確保。
皆出足が早いようで吃驚。
何度も言うようだが、だったら予選から来い!

中にはこんな人も(笑)。
(勝手に画像載せてすみません。)

a0108783_23434638.jpg


ハムファンらしき人は何人か見かけましたが、さすがに虎ファンがいるとは思いませんでした。
ロッテが出た時も結構いましたよね。

やがて時間は過ぎ、セレモニーが終わり、スタメン発表に。

a0108783_2244464.jpg


ドラゴンズは7番谷繁、8番中村公治に代わったぐらいで、他は前日と一緒でした。
後々気付いたのだが、剛裕は登録されていなかったようですね。
フェニックスリーグにでも行ったのかな?
何で剛裕を使わずに公治を使ってたのか不思議に思っていましたが、無事解決。

SKの打線は誰一人わからん(笑)。
とりあえず1番バッターは小坂に似ていた(笑)。

先発はドラゴンズが山井、SKがレイボーン。
レイボーンは2005年にカープに在籍していた。
カープ時代は三流でしたが、去年の台湾La Newベアーズで16勝、今年はSKに移籍して17勝と、2年連続チームをアジアシリーズの舞台に押し上げた優勝請負人と言うべきか?
今のカープを救ってやってくれ!

山井は日本シリーズ8回パーフェクト以来の登板。
決勝の先発は憲伸で決まりと思っていましたが、憲伸を出さなくても戦えるのがドラゴンズの強みでしょう。
山井も日本シリーズの好投でようやく全国区に上り詰めた感がありますし、ここで好投して更に名前を売り込んで欲しいと思います。

しかし、いきなり初回、小坂に似ている1番にフォアボールで完全試合の夢絶たれる・・・ってさすがに期待してなかったけど(笑)。
やはり小さいから投げにくいのか?
打撃成績は小坂の数倍良いみたいだし、五輪予選に出てくるなら要注意だ!
2番を三振にとったものの、その小坂似の1番に盗塁を決められ、更に悪送球で三塁に進まれ、いきなりの大ピンチ。
3番を打ち取ったものの、4番に四球を与え、5,6番に連続タイムリーを浴びていきなり2失点。
そういえば、山井は立ち上がりの悪いピッチャーだったってのを忘れてた(笑)。
まぁ、2点で終わっただけでヨシとしなければ。

打線は前日と違い活発な様子。
2回に今大会好調の一樹がソロホームランで追い上げ、5回に藤井のあわやホームランのタイムリーツーベースで同点に追い付き、荒木の内野ゴロで逆転!
6回にはダメ押し王子?の李炳圭がダメ押しツーランで5-2。

a0108783_23275540.jpg


その後、山井が3番に一発浴びるも、7回3失点で役割を果たし、8回から岡本にスイッチ。
簡単に2アウトを取るも、4番に四球・・・嫌な予感。
嫌な予感は的中するもので、5番に超特大のツーランを打たれ、同点に・・・。
ここに来てCSや日本シリーズで見られなかった岡本劇場かよ・・・。
やはり最後の最後で千両役者だな(苦笑)。
その後、2本のヒットを打たれKO、スーさんがマウンドへ!
スーさんが次の打者を三振に打ち取り、ピンチを切り抜けた。
岡本はスーさんに土下座しろ!

8回に追い付かれ嫌なムードが流れてたものの、それを払拭すべく、8番中村公治に代わって上田が代打で登場!
上田といえば、9/24のダメ押しタイムリースリーベースが印象に残っています。
終盤のレフトの守備固めが最近の主な役割でしたが、こういうところで何かやってくれると期待してしまいます。
その期待に応え、値千金のフォアボール!

話は逸れますが、前の回からSKのマウンドにいるのはロマノ。
皆さんは覚えているでしょうか?
ブラウンがベース投げの時にマウンドにいたのが、そう、ロマノなんです(笑)。
ロマノは昨年までカープに在籍していたものの、今年からかつての同僚レイボーンと同様、SKに移籍し、12勝と活躍。
お前も今のカープを救ってやってくれ!

そんなロマノから上田が四球を選び、藤井が送って1アウト2塁。
ここで今大会絶好調の1番荒木を迎える。
ロマノがマウンドにいた時に併殺崩れで一塁に進んだのが荒木でした(笑)。
ここで荒木が決勝タイムリーを打つのか、ロマノがリベンジするのかが見どころでしたが、荒木は残念ながらピッチャーゴロに倒れ、ロマノがベース投げ事件のリベンジを果す(笑)。
しかし、まだ2アウト。
ここで迎えるは今大会ここまで6打点と、不振の中軸より頼りになる2番井端。
ここで期待通りにセンター前ヒット!
上田が好走塁で生還して勝ち越し!
さすが井端!さすが上田!
皆さんは当然井端を持ち上げるでしょうけど、私はあえて上田を持ち上げたいと思います(笑)。
あの前進守備の中、2塁から帰って来た上田の走塁こそが勝ち越しを呼んだと思います!
あれがノリやシゲなら帰って来れなかったと思います。

逆転をすれば、9回は当然岩瀬がマウンドへ。
完全でバトンを受けた日本シリーズの時に比べれば多少楽なマウンドですが、それでもアジア一の懸かった大事なマウンド。
そんな状況でも岩瀬は3人でピシャリと抑えてアジア一!!!
そして、歓喜の胴上げへ!
(私は今年初の生胴上げ!)
やはりODAの飛び出しは早い(笑)。

a0108783_23453594.jpg


最終スコアは6-5。

a0108783_23471467.jpg


勝てたから言える事ですが、見どころがたくさんあったゲームだったと思います。
五輪予選での韓国は要注意ですね。

そして、アジア一の勝利監督インタビュー。

a0108783_23493399.jpg


マイクの音は前日よりは聞こえてました(笑)。
欲を言えば、もうちょっと声を張って欲しい(笑)。

そして、この日のヒーローで今大会MVPの井端のヒーローインタビュー。

a0108783_23505572.jpg


荒木を持ち上げてたのが井端らしいですが、あそこで荒木が打ってたら荒木がMVPだったかも知れないですからね。
やはりこの2人は名コンビだと思います。
でも、荒木だけじゃなく上田も持ち上げてやってくれ(笑)。

ヒーローインタビューが終わり、表彰に。
アジアチャンピョンのロゴが眩しい(笑)。

a0108783_23523845.jpg


場内に選手達が整列するのだが、その中に何故かドアラが(笑)。
でも写真には写ってない(苦笑)。

a0108783_23534469.jpg


その後、表彰がありましたが、読売新聞社の社長か誰かが出て来た時に何故か皆ブーイング(笑)。
ナ○ツ○じゃねぇんだから勘弁してやろうぜ(笑)。

その後、表彰も終わり、燃えドラが流れる中、選手達が場内1周!
今日出番は無かったが、立浪や憲伸の姿も。

a0108783_2356628.jpg


そして、陰のヒーロー上田や千両役者岡本の姿も。

a0108783_23571098.jpg


とりあえず上田と岡本の名前を叫んでやった。
上田は賞賛、岡本は罵声に似た叫びでしたが(笑)。
恐らく、上田と岡本の名前を叫んでたのは私だけでしょう(笑)。

最後は今日の1-9応援歌や燃えドラを皆で歌い、「見せろ!落合!世界一!」の三唱なんかをやったりして終了!
最後の最後に勝てて終わって良かったです!

次の日のトーチュウは1面でしたが、やはり扱いは小さかったですね(苦笑)。

a0108783_04515.jpg


しかし、そんな中、私もちらっと写っていました(笑)。

a0108783_054051.jpg


長い長いシーズンもこれで終了となりますが、来年こそリーグ優勝してCSを勝ち上がり、日本一連覇を達成して欲しいと思います。
初めて日本一になって迎えるオフはどんなものなのか想像出来ませんが、去年のように立浪のプロモデルが届いたのに日本シリーズが終了していたなんて事は無いので、今頼んでいるホーム用のプロモデルが届いた時の喜びは大きいでしょうね(笑)。
とりあえず、クリスマス前後に届くであろうプロモデルの到着が待ち遠しいです(笑)。

そして、来年は誰のユニを作ろうか考えるのもワクワクします(笑)。
候補は相変わらず何人もいますが、誰のユニを作ろうか、来年までじっくり悩んで決めたいと思います(笑)。
[PR]
by okatake3 | 2007-11-13 23:30 | 07観戦記