今度はアメブロで!


by okatake3
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
今週発売の週ベの惜別球人は上田さんの特集です。
まぁ、そうでなくても毎週愛読してますが(笑)。

a0108783_2302013.jpg


引退試合の事も当然書かれてましたが、あの時の感動が蘇って来ます!
それにしても、行けなかったのは「悔しいです!」(笑)。

a0108783_2303242.jpg


そして、意外だったのが立浪との交流が20歳の頃からあったという事ですね。

a0108783_2304269.jpg


ハムで同期入団の片岡を通じて知り合い、立浪軍団として一樹達とも一緒に自主トレをやっていたのは知っていましたが、そんなに長い付き合いだったんですね。
そして、片岡はFAで阪神へ、その後上田は自由契約になり中日へ入ってからも一緒にやってましたよね。
片岡の引退試合の時も胴上げに参加してましたし、チームを超えての友情って良いですよね。

そして、上田も引退してコーチ就任となりました。
今までライバルだった選手達の指導に当たるわけですが、歳も近いですし、良い兄貴分のコーチになりそうですね。
ドラゴンズの外野守備は年々レベルが落ちてる気がするので、かつて12球団最強を誇った外野陣を復活させる為にも、英智・藤井、そして上田のような名手を育てて欲しいと思います。

そして、2月1日のキャンプインでの87番の新ユニの披露、楽しみにしています(笑)。

にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
[PR]
by okatake3 | 2008-12-02 23:31 | 上田佳範

上田引退試合とその後

今はCS争いの大事な時期ですが、暫くはこの話題で引っ張りますよ(笑)。

ってなわけで、上田佳範選手の引退試合の記事です。

試合前、守備練習をする上田さん。

a0108783_2104879.jpg


皆さんご存知かと思いますが、この日は6番ライトでスタメン出場し、1打席で交代となりました。
結果は初球を打ってピッチャーゴロでしたが、全力疾走で1塁はギリギリでした。
審判が空気を読んでセーフにしてくれたら良かったんですが(笑)。

交代後、花束を受け取り大歓声で見送られました。
今季は1軍での出番は回ってきませんでしたが、最後にこういう形で見送られて幸せだったと思います。

a0108783_211536.jpg


そして、試合は初回に4点取られてどうしようも無いと思いましたが、何とか追いつき、最後はベンちゃんが押し出し四球を選びサヨナラ勝ちでした!

地元の新聞でもその様子が写真付きで載ってました。

a0108783_21655100.jpg


上田さんの引退記事も載ってたので嬉しかったです!

最後にYouTubeにあった動画。
もうちょっと短めに編集して欲しかったが(笑)。



恥ずかしながら、やはり映像を見るとダメですね・・・。
デニーの時と同様、号泣してしまいました(笑)。

改めまして、17年間お疲れ様でした!

にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

たぶん、あと2~3回は記事にすると思います(笑)。
[PR]
by okatake3 | 2008-09-29 21:02 | 上田佳範

上田佳範引退・・・

遂にこの日が・・・。

続きを読む・・・
[PR]
by okatake3 | 2008-09-26 20:20 | 上田佳範

引退・戦力外情報

a0108783_21183074.jpg


本日、高校生ドラフト会議が行われ、新たにプロ野球選手が誕生するわけですが、今回は引退する選手、戦力外通告された選手に注目してみようと思います。
ここ最近引退する選手は、ルーキー時代から見続けてる選手は殆どで、時代の流れを感じますね。
ワシも歳をとったなぁ(笑)。

今回はショートコメント形式で紹介してみようと思います。

<引退>
・関川浩一(阪神→中日→楽天)
ドラゴンズが99年に優勝した時に活躍したのが記憶に新しいガッツマン。
楽天移籍後もチームを引っ張った。
同じ歳の山崎がまだまだバリバリやってるので寂しさを感じずにはいられないが、お疲れ様と言いたい。
99年の活躍は忘れないぞ!

・田中幸雄(日本ハム)
言わずと知れたミスターファイターズ。
昨年はリーグ優勝&日本一、今年は2000本安打達成!
若い頃は強肩強打のショートとして活躍。
2000本安打達成が危ぶまれたが、無事達成出来て良かった。

・佐々岡真司(広島)
90年代のカープを引っ張ったエース。
100勝100セーブを達成しており、先発、抑えの両方で活躍。
ドラゴンズが苦しめられた投手の1人だ。

・鈴木健(西武→ヤクルト)
高校通算83本塁打を引っさげて西武へ入団。
ホームランバッターではなかったが、シュアな打撃で、清原が抜けた後の西武の4番を務める。
ヤクルト移籍後もケガの岩村の穴を埋める大活躍でカムバック賞を受賞。

・水口栄二(近鉄→オリックス)
甲子園最多安打の記録保持者。
イチローが誰と2番を組みたいか?と聞かれて名前を挙げたのが水口。
目立った成績は残していないが、2001年の優勝に2番打者として貢献。
合併後のオリックスをまとめる役割も担った。

・吉田豊彦(南海→ダイエー→阪神→近鉄→楽天)
南海最後の投手。
最初は先発でしたが、近鉄加入以降はリリーフとして活躍。
600試合登板達成は立派な記録だ。

・古田敦也(ヤクルト)
球界最高の捕手。
昨年からはプレーイングマネージャー。
大学・社会人出身の選手として初の2000本安打も達成!
2004年は球界再編問題に選手会会長として立ち向かった姿が印象的だ。
志半ばでの監督退任は残念だが、また戻って来て欲しいものである。

<戦力外>
・黒木知宏(ロッテ)
「ジョニー」の愛称で親しまれる。
ここ最近は肩の故障により思うような成績を残していないが、かつては5年連続2桁勝利を挙げる等、長年エースとして活躍。
本人は現役続行を希望しているようなので、何処か拾ってくれるところがあれば良いですが・・・。

・宮越徹(中日→西武)
大友、玉野とのトレードで、正津と共に西武へ移籍。
ドラゴンズ時代は目立った活躍は無かったものの、西武では一時期ローテーションに入る活躍。
まだまだ活躍出来ると思うのだが・・・。
ドラゴンズ復帰の道は無いのか?

・河原純一(読売→西武)
読売入団後は先発で活躍するも、2002年に原新監督にストッパーに抜擢され大活躍し、日本一に貢献。
その後低迷し、西武へトレードとなるが、輝きは取り戻せず。
グラウンド外でも話題を提供した選手である(笑)。
獲る球団はあるのだろうか?
読売が来期の新ストッパーとして獲得してはどうかな?

こんな感じでまだまだいますが、今日はこの辺にしておきましょう。

印象に残る選手が多いですが、やはり関川、幸雄、古田は特に印象に残っていますね。
ユニを作りたい衝動が・・・(笑)。
でも、欲しいのは関川のドラゴンズ時代のユニ、幸雄の東京時代のユニなんですよね(笑)。
古田はレプリカで良いかな(笑)?
[PR]
by okatake3 | 2007-10-03 22:09 | 野球